スカウト初心者が最初にぶちあたる壁は、どのように声をかけたら良いのかわからない、ということではないでしょうか。

「ナンパだってやったことないのに最初に何て声をかければいいの!?」と考えてしまう方も多いはず。

声のかけ方が重要

でも、何て声をかけるのかいうのは重要ではなく、声のかけ方が重要なんです。

そもそも見知らぬ女の子に街でいきなり声をかけるなんて、めちゃくちゃ不自然です。

女の子も警戒心でガチガチにガードしているのが当たり前ですよね。

そんな中で悩みながら声をかけても、女の子は「なんか暗い」「なんか怪しい」「自信がなさそう」と感じてしまい、話が進むわけがありません。


自分なりのテクニックを身に付けてみる

だからこそ、まずはプラスの感情や表現を加えて相手に伝えるというテクニックが必要なんです。

例えば、明るさや笑顔などでフレンドリーな雰囲気を作ったり、元気なテンションで楽しさを訴えたり、堂々とした態度や強気な姿勢で男らしさをアピールしたりと、声のテンションや抑揚、表情や姿勢などを工夫してみましょう。

まずは女の子の警戒心を解いて、話をする場を作ることがはじめの一歩です。

絶対にうまくいくスカウト方法なんてありません。まずは女の子が楽しく話せる雰囲気や空気を醸し出すように自分なりのテクニックを身に付けてみてください。